第189回 腹筋と呼吸とタンギング

トロンボーン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のかたさんです。

タンギング不調でお悩みの方に、ヒントになりそうなことを今日は書きます。

【腹筋】

タンギングのことを書くといったのに、話はいきなり腹筋にいきます。

私は発音問題で音が出なくなりましたが、原因は舌にはほとんどない事がわかってきました。
そして、発音問題の他に肩こりと腰痛でも悩んでいました。
特に腰痛は、日常生活に支障をきたすものだったので大きな問題でした。

肩こり腰痛は、アレクサンダーテクニークを学ぶことで今はほぼ大丈夫です。
それでも、腰の方はいつでも腰痛になれる自信があるくらい、すぐに痛みの出そうな動きをしてしまいがちです。

習慣というやつですね。

習慣を抑制するには、意識的に動く事。
これを心掛けていればいいのですが、ほんの少しの気の緩みから「あ、(腰痛が)来そう」となってしまいます。

それでも腰痛にならないのは「来そう」と感じたその瞬間にその動きをやめ、アレクサンダーテクニークを使うことができるようになったからです。

さて、その腰痛を引き起こしてしまう原因に、私の場合は腹筋の使い方がありました。
ここで言う腹筋とは、腹直筋と呼ばれるものです。

お腹の前にあり、6つに割れているカッコイイ筋肉です。

腹筋と言えばこれのことを指す場合が多いですが、この筋肉は身体を前に折り曲げたり、固める事でお腹を防御するのに使われます。

私の腰痛の原因は、この腹直筋を常に使い続けていたことのようだと言うのが、実はごく最近わかりました。
腹筋が腰痛の原因というのはわかっていたのですが、これがずっと使い続けられていたと言うのは、本当に最近気が付いたのです。

腹直筋が使われることで身体は前に折り曲げられるわけですが、折り曲げるまで行かなくても常時使い続けられれば上体は前に曲がろうとするので、それを戻そうとして腰や背中の筋肉も常時使い続けられます。

これを続けていれば、腰痛や肩こりになるのもわかります。
私の場合は、腹筋の使い方がこれらを生んでいたのです。

さて、これがタンギングとどう関係してくるのか、これから書きます。

【胸】

腹のあとは胸かいっ!て感じですが、先ほどの胸が下方向に引っ張られるに繋がります。

調子がいいと感じた時、胃辺りのお腹がスッと楽になる感じがありました。
これが腹筋の力みが抜けた時だったのですが、それを意識的に出来るようになったのは、BodyChanceの名物教師キャシーマデン先生に「お腹はビーンズ型よ」と教えてもらった時でした。

スマホで処理したので字が貧弱ですが、肺の下にある太い黒線が横隔膜で、そこから骨盤底までの腹腔の図です。

腹腔は、見ての通り豆の形をしています。
キャシーにこれを教えてもらい意識したら、お腹の前がギューンと伸びたのです。
無意識に縮めていたんですね。

これを意識的に出来るようになってから、他の先生たちにも「姿勢が変わった」と言われるようになりましたし、違和感として残っていた腰のこわばりがほぼなくなったのです。

この縮めを生んでいたのが腹直筋で、腹直筋はお腹の前にあるのでお腹は意識するのですが、実はこの筋肉、胸にも多くついています。

腹直筋は、見ての通り骨盤の恥骨から始まり肋骨(正確には肋骨の軟骨)まであるんです。

ということは、腹直筋の力みは胸にまで影響するのです。
それは当然呼吸に影響するし、姿勢も無理が生じるでしょう。

そして、胸に繋がる筋肉を持つ舌にも影響を与えていました。

【そして舌と他への影響】

舌の筋肉は舌骨に繋がり、舌骨から胸骨に繋がるものもあります。

胸骨舌骨筋というものです。
私の場合ですが、腹直筋の緊張による胸の引っ張りが舌骨を介して舌の動きをジャマしてたようです。

ビーンズ型を意識して腹直筋の緊張を解き、プラスして胸の前までの繋がりも意識すると、胸が広がるのがわかりました。
肋骨がより動くようになり、呼吸が更に楽になりました。

加えて、アンブシュアーの安定も増し、更に左腕がいつもより上がりやすくなったのです。
腹直筋の力みが腕にまで影響していたのですね。
おもしろかったのが、何故か薬指の使い方が上手になったと実感できたことでした。
薬指は力が最も弱い指ですが、今回楽器を持つのにかなり参加できるようになったのがわかったのです。

そしてそして、発音のストレスも減りました。
アンブシュアーの安定がこれを生んだように思いますが、その安定を生んだのも腹筋の使い方でした。

ここにきて、腹筋の使い方により様々な影響があったことがより明確になってきました。
タンギング不調でお悩みの方に、一つのヒントになればと思います。

次回は、同じ腹筋でも呼吸に役立つ筋肉の方を取り上げます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

無料メルマガ「かたログ!」登録はこちら
https://katasan-tb.com/e-mail-magazine/

オンラインレッスンお申込みはこちら
https://katasan-tb.com/on-line-lesson/

通常レッスンお申し込み・お問い合わせはこちら
https://katasan-tb.com/lesson-contact/

「第189回 腹筋と呼吸とタンギング」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です