第218回 生徒を幸せにするためのレッスン

トロンボーン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のかたさんこと片山直樹です。

先日、BodyChanceの海外教師キャシーマデン先生のオンラインクラスに参加し、私にしては珍しく楽器やティーチング以外のレッスンをしてもらいました。

それは、パソコンの前に座ること。

どうも脚が疲れるのでそれを見てもらったのですが、その解決はほぼ一瞬でした。
一瞬と言うことは原因は単純なことですぐに意識し直せることだったのですが、その時の私の感じていたことや発した言葉からレッスンを作っていく過程が、それはもう素晴らしかったのでここで皆さんと共有したいと思います。

【身体が後ろに反っている】

私がこういう動きで座っているのは一瞬で見えたそうです。
たぶん私の生徒が同じことをしていたら、私もすぐに見えたでしょう。
実際にこういうレッスンはたくさんしたことがあります。

細かく書くと、座った時はいいのにキーボードに手を置きタイピングし始めると固まりだしたそうです。
キャシーは、半インチ(約1.5cm)イスを後ろに下げて座ることを提案しました。

イスが後ろに下がることにより身体とキーボードとの間に距離が生まれ、そのために股関節から前傾してパソコンに近づく動きに変わりました。

イスがパソコンと近かった分、身体を反って離れる事で座る安定を生んでいたので、脚に疲労を感じやすくなっていたのです。

なぜ身体を反ってまでパソコンに近づいて座っていたかを考えてみると、そうなっている原因が有るのがわかりました。
そして、その後それに対するキャシーのレッスンの方向性は、座り方の対処ではなく新たな方向性を作っていました。

【幸せになる提案】

なぜ椅子をパソコンに近づけて座っていたか、それは、我が家の生活環境にあります。

我が家は、どこにでもある昭和の古い日本家屋を購入したものです。
つまり、味はあるが狭いのです。

パソコン椅子の後ろは通路となっており、イスをパソコンに近づけて座ってないとその通路は狭くなり、そこを通る奥さんに怒られます(笑)。
だから椅子を近づけていたのでしょうね。

その話をしたところ、キャシーの中でレッスンの方向は変わったそうです。
“奥さんを幸せにするアレンジをする必要がある”

これは、「楽になる座り方」から「ナオキが幸せになるレッスン」へ方向を変える事になったわけです。

提案としては、「奥さんそこをが通る度、あなたは立ち上がって通す」というももので、キャシーの意図をそれで察した私は、その場で立ち上がり手腕を動かし奥さんを通すジェスチャーをして座り直しました。

“奥さんが後ろを通るたびに、イスを動かし立ち上がってダンスをするなど楽しいゲームをすることができるわよ”
キャシーらしい諧謔やユーモアのある提案でした。

【生徒が幸せになることが最も重要】

これは「楽な座り方」ではなく「ナオキが幸せな家庭を築くため」に生み出された提案です。
奥さんが通るたびに立ち上がって踊れば通り難くて怒られることもないし、変な旦那を見て笑ってくれるでしょう。

座りやすいプランは、先ほどのようにイスを少し後ろに下げて股関節から前傾することですが、それをし続ける事は私の家庭にとって良くないことが起きる可能性があることをキャシーが理解した途端、彼女はレッスンを違う方向に持っていったのです。

それが、立ち上がって奥さんを通すことでした。

もちろん、イスを少し後ろに下げて座る提案は有効なので、奥さんを通した後はそれを再び行います。

座り方だけで終わらなかったレッスンに、彼女の全察力の高さと(キャシーは全て観察するという意味でこの言葉を使います)人としての大きさを感じました。

座り方が良くなりパソコン作業が楽になったとしても、そのために家庭内に不和が生じる事になっては本末転倒です。

レッスンを進めていく彼女がプランを変えていった根底には、本当の意味で生徒が幸せになることを教師であるキャシーが望みとして持っていたからだと思うのです。

ため息出るほど素晴らしいレッスンでした。
身体の動きはもちろん、それが生徒の環境に及ぼす影響まで踏まえての提案、素晴らしい事を学ばせてもらえました。

キャシーは本当にすごい、ステキ。
こういう先生になりたいものです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

♪♪ レッスン動画公開! ♪♪

私が非常勤講師を務める浜松学芸高等学校の授業の一環で、動画撮影をしました。
通常に比べかなり短い時間ですが、私のアレクサンダーテクニークレッスンが見られます。
「片山はこんなレッスンするんだ」という参考にしていただければと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

♪♪ オンラインレッスン始めました! ♪♪
オンラインレッスンお申し込みはこちら

無料メルマガ「かたログ!」ご登録はこちら
無料メルマガご登録

通常レッスン・お問合せはこちら
通常レッスン・お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です