第221回 動きのアップデートと選択肢

トロンボーン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のかたさんこと片山直樹です。

レッスンで私が生徒さんに提供したプランは、その時には役に立ち著しい変化が現れたとしても、それは恒久的なプランではありません。

あ、勘違いされては困るので、一応釈明を(笑)
これは決して一時的で対処的なものと言う意味ではなく、その時はそれが一番よいであろう事であって、生徒さんがそれを理解し出来るようになったらその後は必要に無くなるプランもあり、時にはその古いプランがその後の成長の足を引っ張る事もあるのです。

特に、長い事レッスンを続けている生徒さんに多く現れます。

プランはどんどん新しいものに塗り替えられていくのです。
これを、動きや思考のアップデートと呼んでいます。

【腕の使い方をアップデート】

アレクサンダーテクニークレッスンを初めて受けた時に、私もそうでしたが、多くの方が自分の身体が後ろにいっていると気付きます。

これは、体重の掛かり方が踵の方に行っていたり、背中が反っていたり、骨盤が前に行き胸骨や背中が下に縮み骨盤より後ろに行っていたり、そういう姿勢や動きのことです。

なので、最初の方は身体の前を意識したり、胸骨と骨盤の関係、股関節から身体が前傾出来る事、腕などが身体の前で使えることを理解するためのレッスンをすることが多いです。

今回の生徒さん(Fl愛好家)も、かつては身体全体が後ろと下に向かってました。

それでも熱心に毎月レッスンに通われ、自分の身体や意識の使い方が上手になってきて、楽器も考え方も楽になってきていました。

そんな中、腕の使い方に以前とは違う何かが見えました。

腕を前の方で使うための骨格や動かす筋肉の話は以前からしており、それを実践しているのはよくわかりますが、先日のレッスンでは何か足りない気がしていました。
足りないというより、物足りない感じかな。

話を聞いていると、身体の後ろ側への意識がないのがわかりました。
かつて後ろ方向だったのを前に向けることに成功し、今は前に意識がいき過ぎていたのですね。

「腕は、骨格的には胸にある胸鎖関節からですが、それを動かす筋肉は背中にもたくさんあります。背中から腕か生えていると思ってください。」

ちょっと矛盾した言い方に感じるかもしれませんが、腕を前で使えるようにするためには、前に動いた腕を元に戻すために後ろへの可動も必要です。
背中側も腕の動きの為に大切です。

このレッスンでは、腕を前で使うために背中も意識の中に入れるというアップデートを行ったわけです。
すると、後ろを意識したのに腕が今までよりも前でよく動き、動きに柔軟性が増えました。

【選択肢としての存在】

私がアレクサンダーテクニークを学んでいるBodyChnaceには、何名もの先生のレッスンを受ける事ができるシステムがあります。
すると、先生ごとに言うことが違うこともしょっちゅうあります。
時には正反対のことを言われるときも。

これは、生徒としては混乱しますよね。
「この間〇〇先生にはこう言われたけど、今の提案は反対のことです」
なんて事もあるわけです。

これ、一面だけ見るとい「言ってることが違う!」になるんですが、違う面から見てみるとどうでしょう。

前回のレッスンでの先生からの提案の後、それを練習して今日の先生のクラスに来たら、その間にアップデートされていると見る事も出来ます。

アップデートされたのであれば、今の動きは当時より変化しており、その時の先生にはその時の動きを見ての提案となっているでしょう。

なので、必ずしも「先生によって言っている事が違う」とは言い難いのです。
先生には、その時見えた動きから判断し提案をしているのだから。

これは、動きの選択肢が増えたことを意味するとも言えます。

今まで一つの動きしか知らなくて不都合があった。
それをレッスンで見てもらい新たな選択肢を作ることができた。
それを練習していくうちに動きがアップデートされ、また違う先生から違うアプローチの選択肢の提案をもらえた。

つまり、選択肢がどんどん増えていったことを意味するわけです。

「選択肢が多すぎて迷う。決められない」なんて事もよく言われますが、その時に大切なのが、何をしたいかを明確にすることです。
BodyChance的にいうと「望みを明確にする」ですね。

迷ったり決められないのは、これが明確でないからです。
選択肢は望みのためのプロセス、単なる道のりです。
選べばいいだけです。

色々な意見や考え、提案で迷ったら、今一度自分の望みを明確にしてみましょう。
選択肢すべてがパレットの絵の具として自分を彩ることに力を使ってくれるでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

♪♪ レッスン動画公開! ♪♪

私が非常勤講師を務める浜松学芸高等学校の授業の一環で、動画撮影をしました。
通常に比べかなり短い時間ですが、私のアレクサンダーテクニークレッスンが見られます。
「片山はこんなレッスンするんだ」という参考にしていただければと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

♪♪ オンラインレッスン始めました! ♪♪
オンラインレッスンお申し込みはこちら

無料メルマガ「かたログ!」ご登録はこちら
無料メルマガご登録

通常レッスン・お問合せはこちら
通常レッスン・お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です