第225回 自分の使い方メソッド

トロンボーン奏者でアレクサンダーテクニーク教師の方さんこと片山直樹です。

アレクサンダーテクニークを学んで、その恩恵は計り知れずたくさんあるのですが、その恩恵の部分で世の中に伝わっている情報が少し違っていることもたくさんあります。

例えばですが、アレクサンダーテクニークを学ぶと「緊張しなくなる」「あせらなくなる」「力まなくなる」などです。

なるほど。
確かにアレクサンダーテクニークを学びそれが使えるようになると、緊張や力みは減ります。
その実践と効果を、我々はレッスンで伝えています。

ですが、アレクサンダーテクニークを学び、例え教師になったとしても緊張しするし焦るし力みます。

これは、私が未熟な教師だからというわけではありません。
(未熟で発展途上であるのは認めますが)
世界的に高名な教師でも、緊張した力んでしまうことはあるのです。

【自分の使い方メソッド】

アレクサンダーテクニークは、体に勝手に起こってしまう不必要な緊張を意識的にやめていくことができるメソッドです。
この「勝手に起きてしまう」がミソです。
力みや緊張は、望まずとも勝手に起きてしまうのでそれ自体は止めようがありません。

つまり、アレクサンダーテクニークをいくら学ぼうと、力みや緊張は勝手に起きるのです。

アレクサンダーテクニークの有用性は、緊張などが勝手に起きた後にあります。
それを意識的にやめることができる点です。

【緊張や力みは誰だってするもの】

私の中でのスーパーヒーローのお話をします。
イチローです。
私と同い年のこの英雄でも緊張して体が固まることがあるのです。

それがこの写真。

右はこちらも有名人、アメリカのオバマ前大統領です。

この写真は、イチロー9度目のオールスターに選出された時、始球式に参加するために会場入りしたオバマ大統領が選手たちのロッカールームに訪れた時のものです。

この時、政府側から選手たちには、大統領へのサインを求めることが禁止されていました。
しかし、オバマ大統領のサインが欲しかったイチローは、わざと彼の前にボールを落としオバマさんに拾わせたと言われています。

拾ったものにサインをして渡すのであれば、求めたことにはならないのでルール違反ではありません。

これがわざとなのか偶然なのかはわかりませんが、これに対しオバマさんは「サインが欲しいのかい?殿堂入り選手」と言って、サイン入りボールを渡したそうです。

私はこの写真が大好きです。
余裕で楽しそうに話しかけているオバマさんと、はにかんだ笑顔で固まっている首筋、後ろに沿ってる背中のイチロー。

こっちの写真なんか、ガッチガチです。

いたずらに成功した時のような、うれしそうな顔ですね。
あのイチローでさえこのようにガチガチになる時があるなんて、なんだかかわいく思えますね。

一流選手でさえそういうこともあるのです。

【いつまでも引きずらない緊張】

変わって、こんなお話があります。

私の先生であるキャシーマデン先生が、同じアレクサンダーテクニーク教師お友達3名ほどで、キャフェでお茶を飲んでいた時、自分たちの席の近くで、ものすごい音量の破壊的な音がしたそうです。
キャフェ中に響き渡った騒音で、お客さんたちみんなびっくりして、耳をふさいだり体をこわばらせたり防御態勢をとったそうです。
キャシーたちも同じような状態になりました。

何?何があったの?
そんな声が周りでする中、キャシーも音の発生場所あたりを見ました。
どうやら空いた食器を片付けていたウェイトレスが、ド派手にそれらをひっくり返した光景がありました。

「あ、そういうことね」
他のお客さんたちは、まだその驚きの余韻があるらしく、皆体を縮ませている中、理由がわかった彼女たち教師3人の姿勢は、すっと元に戻ったそうです。

突然で、しかも大音量で物が壊れる破壊的な音を聞けば、誰だってびっくりします。
でもそれが危険なことでないと分かったらそれ以上恐怖を感じ体を固める必要はないので、あとは元に戻ればいいのです。

このように、音に反応して起きた首や体が固まるびっくり反射を意識的にやめることができるのがアレクサンダーテクニークです。

音に驚く(反応)
何が起きた?(観察)
それは危険なものなのか?(分析)
安全なもののようだ(判断)
元に戻ってもいいな(行動)

このような流れがあったと思われます。

イチローやキャシーでさえも、緊張や反射による力みは止められないのです。
でもキャフェの出来事のように、アレクサンダーテクニークはこれらのプロセスを経ることができるので、勝手に起きる緊張や力みに対処できるのです。 
ここが、自分の使い方メソッドと言われる所以です。

*****************

!! 告知 !!

そもそも「アレクサンダーテクニークを使うってどういうこと?」という疑問は皆さんあると思います。

これに関してのオンライン講座を開く予定です。

アレクサンダーテクニークが、なぜ自分の使い方メソッドと呼ばれるのか。
なぜ、アレクサンダーテクニークは心と体、両方に影響するのか。

私がよくする「アレクサンダーテクニークに基づくレッスン」とは違い、アレクサンダーテクニークそのものの学びと、それを活用し実践に生かすオンライン講座です。

詳細は決まり次第お知らせします。

*****************

♪♪ レッスン動画公開! ♪♪

私が非常勤講師を務める浜松学芸高等学校の授業の一環で、動画撮影をしました。
通常に比べかなり短い時間ですが、私のアレクサンダーテクニークレッスンが見られます。
「片山はこんなレッスンするんだ」という参考にしていただければと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

♪♪ オンラインレッスン始めました! ♪♪
オンラインレッスンお申し込みはこちら

無料メルマガ「かたログ!」ご登録はこちら
無料メルマガご登録

通常レッスン・お問合せはこちら
通常レッスン・お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です