第283回 匂いと音の記憶・個性

トロンボーン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のかたさんです。

匂いの記憶というのものは不思議なもので、それまで思いもしなったことが急に、そして鮮明に思い出されることがあります。 
そしてその匂いは、記憶の中で大いに美化され、つい懐かしくなってしまいます。

匂いの記憶は大抵いい思い出が多く、つらい思い出ついては少ないようです。 
辛い思い出は、視覚的であったり感覚やその時の感情として記憶されており、匂いの記憶よりそちらが上回っているようです。

 匂いの記憶の不思議なところは、それが決して良い匂いと言えないものだとしても、その人にとってはなんとなく落ち着きを感じるものだということです。 

私の場合は工場の匂いです。
工場の匂いがなぜ?と思われた方も多いでしょう。 

私は大阪市平野区に生まれました。
おばあちゃんの家(母の実家)がそこです。 

ばあちゃんの家の周りは工場だらけで、常にガシャンガシャンと機械の音が鳴っています。
そして、道路も煤けており、新品のボールがすぐに真っ黒になってしまうような場所、いわゆる下町でした。 

今ならば、そのような場所は劣悪な環境として問題になっているかもしれません。
そんな工場(「こうじょう」というより「こうば」という言葉の方がしっくりします)だらけの地区でしたから、油や化学物質、金属的な匂いが漂っていました。 
ひょっとしたら、その匂い(この場合臭いか)で咳とか出ていたかもしれませんが、その記憶は全くなく、残っているのはおばあちゃんに会いに行く時のうれしさでした。 

地下鉄千日前線の終点「南巽(みなみたつみ)」の階段を上がり地上に出て少し路地に入ると、もう工場の匂いと機械の音がします。
その匂いをかぐと、大阪に来たというよりおばあちゃんに会いに来たと改めて実感できます。   

私の中で、あそこの工場の匂いは「懐かしい思い出」として分類され、ふとした瞬間それに近いものに接する機会があると、すぐに大阪のあの町とおばあちゃんを思い出します。

しかしその匂いは、人によっては決して良いものではなく、普通であれば有害物質の臭いとして分類されるでしょう。

臭い(くさい)と感じ、のどが痛くなったり気分が悪くなる人もいるかもしれません。 
それでも、私には懐かしい思い出の匂いなのです。   

音楽に対する評価というのは、絶対的な音や音楽が基準ではありますが、基本的には聴いた人の印象です。
過去に聴いてとてつもなく感銘を受け感動した演奏があった場合、その音の記憶よりも受けた印象の記憶の方が後々まで強く残り、それはその後聴いた音楽と比べて何よりも素晴らしい演奏として評価を受けます。

これを聴き比べることは現実不可能ですが。 

例えば「昔のウィーンフィルは今よりよかった」という言葉を口にする年配の方がいますが、それはその時受けた印象が基になっているからです。 

それは、その人がその人自身の思い出に対する評価であって、他人がそれについて「そうじゃない、今の方が良い」という資格はありません。 

アレクサンダーテクニークでは「感覚は当てにならない」という言葉があります。
過去の感覚に頼るあまり、現実的な動きや思考とマッチしておらず不調をきたすことについての助言です。

私もそのようなことを述べているブログ書いていますが、時としてそれは当てはめるべきではない場合もあります。 
それがこのような時。

 人の良い記憶、良き思いでに対しては、その時の印象を大切にしてあげ、その人に接してあげるべきでしょう。 

言葉であれば、文字として記憶を表に出すことが出来ます。
音や匂いはそうはいかない。
だからこそ、中学校の合唱などの音楽は大切な思い出となるのでしょう。
歌の歌詞とかではなく、音として友の声が記憶の中に残っているのです。

良い演奏というものが様々な人に様々に評価されることは、そういう所以があり、それだからこその個性です。
脳のシステムとして考えれば、当然のことです。

音楽の評価に一律性を持たせることは、そもそも人間の脳のシステムに反している矛盾した行為なのです。 
個性を大切にすることは、人間が持つそもそものシステムに適ったことです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆You Tube始めました!☆

かたさんのチャンネル「かたさんビデオ」はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCWYk7nZAcakAZBxmRZYJviA?view_as=subscriber

♪♪ オンラインレッスン始めました! ♪♪
オンラインレッスンお申し込みはこちら

無料メルマガ「かたログ!」ご登録はこちら
無料メルマガご登録

通常レッスン・お問合せはこちら
通常レッスン・お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。