第288回 音楽を共有するには感謝とリスペクトから

トロンボーン奏者でアレクサンダーテクニーク教師のかたさんです。
《過去メルマガから》

何週間か前のメルマガで、「名古屋は中途半端」というものを配信しました。
覚えていますでしょうか。

これは、人は自身が持つ価値観や先入観というフィルターが勝手にかかっており、それを通して物を見る。
自分のフィルターそのものを見ることが、そのフィルターを外す第一歩となる、という内容でした。

そして、そのメルマガのホントに最後に、そういったフィルターを外してみることのできる人と一緒に仕事をすることが出来て良かったということを書きました。

今日は、その人のお話です。

東京の、とあるオーケストラのコンサートマスターをしていらっしゃるその方は、私が事務局を務める愛知室内オーケストラに、その時2度目の客演でした。

結構きつい本番で、リハも4コマ以上、本番時間は3時間はかかるものでしたが、依頼をしたときに快く出演の承諾を頂けました。
その理由に、1回目に出演いただいた時の当団の印象がとても良かったので、また是非出演させてほしいということで、この時はわざわざ仕事の調整をしてくだっさてまでご出演いただきました。

さて、その公演のリハ終わりに、一緒に食事をすることがありました。
食事場所は、名古屋名物台湾ラーメンで有名な「味仙」。
久しぶりに食べたけど、こんなに辛かったかな。

リハを客席で見ていたのですが、この方はコンマスなのにそれほど大きく動きません。
コンマスであれば、弓や体の動きでアインザッツを出してタイミングなどを発信するのですが、この方はそれほど大きく動きません。

ですが、オケはズレないんです。
みんな、タイミングがわかっているかのような弾きぶりでした。

それについて話を聞いたのですが、このような内容でした。

アインザッツは、ともすると「私に合わせろ」というアピールにもなる。
時としてそういう場合も必要なんだろうけど、そんなことをするよりも、音楽の方向や進め方、タイミングの取り方やボウイング、フレーズなどを最初に共有しておけば、あとは「雰囲気」で同じ方向に持っていけるはず。

それには、お互いが信頼関係がなければならない。
そういうことを私は大切にしている。

信頼関係を結べるようになるのは、私はみんなに対しリスペクトがあるから。
奏者はもちろん指揮者も、もちろんスタッフも。
コンサートというのは、これらのどれか一つ欠けてもできない。

勘違いされがちだが、奏者だけが大変なんじゃない。
裏方、会館さん、チラシやチケット作成、宣伝の方まで、もちろんお客さんも、これら 全てで出来上がるもの。
だから、それらすべてに対し感謝とリスペクトを持つ、 私はいつもそうしている。
リスペクトがないと、良い音楽を一緒に作れない。

その時の指揮者に対しても、プライドを傷つけないよう持ち上げつつ、オケとして要求するところはきちんとする、とても上手に間を取り持ってくださいました。

このようにしていると、オケが上手くなるんです。

ポテンシャルを引き出すというのでしょうか、新しい何か刺激的なものを植え付けるのではなく、またグイグイ引っ張て行くわけでもなく、元々持っている素材の良いところを出すことのできる、またそういう方向にもっていくことのできる方でした。

先ほど書いた「雰囲気」という言葉でも、漠然としていても引き付けられるカリスマ的な「雰囲気」ではなく、皆と意識の部分で意思を共有したうえであれば、醸し出された音から「雰囲気」を察するのは難しいことではありません。

それは、その時の「雰囲気」が持つ真意を皆が理解しているからです。

理解しているから、合わせようとしなくてもその方向に向かって演奏すれば、皆同じ音楽をすることが出来る。

だから、アピールの強いアインザッツを出さなくても音が合う。

この時は、歌や協奏曲など合わせ物が多かったので、特にイタリアものでドイツのオケ的なアインザッツを出してしまうと、まさに「雰囲気」がなくなります。

こういった奏者のポテンシャルを引き出す根底が全てに対してのリスペクトと感謝から来ていると知ると、子供の可能性(ポテンシャル)を引き出す教育というのも、ここに起因するのではないでしょうか。

また今回は、音楽というものを通して教育についての学びが得られたことが私にとっては喜び深く、音楽が決して不要のものではなくそれが人間の成長につなげられるものであるという証明になったこと、またそれをご教示いただけたこの方との出会い、まさに全てに感謝です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かたさんのYou Tubeチャンネル「かたさんビデオ」はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCWYk7nZAcakAZBxmRZYJviA?view_as=subscriber

♪♪ オンラインレッスン始めました! ♪♪
オンラインレッスンお申し込みはこちら

無料メルマガ「かたログ!」ご登録はこちら
無料メルマガご登録

通常レッスン・お問合せはこちら
通常レッスン・お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。